明武宗と秦淮

リリース日:2016-10-13    【老舗: の中で  小さい
正徳十四年(1519)冬十二月丙戌、明武宗は南京へきた。しかし、彼は以前の住んでいたところに行かなくて、南門内の公廨に住んでいた。明武宗は正月に春を迎えて、聚宝門の城楼に百芸を眺めた。彼は相次いで徐天賜の東回園と徐霖の快園で見物、釣りをし、金鯉を得た。桃葉渡畔で、武宗が河房に秦淮のある画舫を観光したことがあるので、この河房は「御河房」と呼ばれて、後は「玉壺坊」と呼ばれた。

 

電 話:86-025-5265 1345 qhqlyj@126.com             版権所有©2016南京秦淮区観光局ネットワーク・サポート:易匹搜