石濤と大報恩寺

リリース日:2016-10-13    【老舗: の中で  小さい
石濤和尚(1642-1707)は清の初期の有名な画家である。石濤は姓を朱といい、名を若極といい、字を石濤というのである。明靖江王朱賛儀の第十代の孫である。青年時期、石濤は浙、江、皖などの所に寄寓した。清康煕十九年(1680)に、彼は大報恩寺の一枝閣に留まった。大報恩寺に住んでいた8年間で、石濤は堂を開き説法し、聴衆がお越しになった。石濤はいつも秦淮の名所を遊覧し、『金陵懐古詩画冊』『長干秋色』などの秦淮風景を反映する画作がある。代表作は『柳岸清秋』、『水闊撫琴』、『疏林夕照図』などがある。康煕二十三年(1684)、清帝は南へ巡視した。かつて報恩寺に巡り、石濤は大衆の僧と一緒に恭しく迎えた。二十六年(1687)、石濤は報恩寺を離れた。

 

電 話:86-025-5265 1345 qhqlyj@126.com             版権所有©2016南京秦淮区観光局ネットワーク・サポート:易匹搜