李漁と介子園

リリース日:2016-10-13    【老舗: の中で  小さい
李漁は明末の伝統的な演劇家、造園家である。清順治十四年(1657)、周処台の西側に介子園を作り上げた。庭園の面積は三ムー足らず、園の中で「窓台が飾りを添え、廊下のあずまやがまつわりつき、石が重なり合い、青い波を取り込み、青い苔ときれいな竹、鳥のさえずりと滝のこだまをめぐる」である。「小、巧、奇」という特徴を表した。李漁が住んでいた介子園は「家班女戯」があり、「女楽」にも呼ばれた。かつては、各地に演じて劇で交際し、とても人気があった。その後、出版した『介子園画譜』、また『介子園画伝』に、その文化の内包が非常に深いのである。

 

電 話:86-025-5265 1345 qhqlyj@126.com             版権所有©2016南京秦淮区観光局ネットワーク・サポート:易匹搜