秦大士と状元豆

リリース日:2016-10-13    【老舗: の中で  小さい
清乾隆年間、秦大士は秦淮河畔に住んで、毎日学問に打ち込んで苦学した。家の暮らしが貧しく苦しかったので、そのお母さんは大豆、紅粬米と赤いナツメでよく煮て、小さい碗で大豆をよく詰めて、その上に一粒のナツメを加えて、夜に秦大士が本を読む時に、腹の足しにした。大豆が歯ざわりがよくてぼろぼろし、粒子が完備し、汁の味が濃くよく、甘さが適度であるので、栄養に富んでいる。乾隆十七年(1752)、秦大士は状元に受かって、人々は彼の食べた煮た大豆を「状元豆」に称して、そして、秦淮の軽食の一つになった。秦大士は学士まで読んだ後、隠退し南京に帰って、現存する長楽路57、59、61号の旧居に住んでいた。もとの金砂井の旧宅は祖先の廟に変えたことになる。

 

電 話:86-025-5265 1345 qhqlyj@126.com             版権所有©2016南京秦淮区観光局ネットワーク・サポート:易匹搜